後期研修医の募集・見学について

後期臨床研修医の皆さまへ

後期臨床研修医を募集します

市立敦賀病院 院長 米島 學
 
市立敦賀病院では初期研修を修了した医師を対象に、専門領域において一定の診療能力を身につけるための専修プログラムを準備しています。
当院は福井県嶺南地区の中核病院です。救急車による搬送も多く、豊富な症例を経験できます。関連病院である福井大学と金沢大学より多くの若手医師を派遣していただいており、またここ2年間は初期研修医がフルマッチし、活気あふれる病院です。後期研修においては。指導医からマンツーマンの指導を受けることができます。
プログラムはご希望により臨機応変に対応可能です。内科以外の各診療科の後期研修をご希望の方はお気軽に連絡ください。各診療科長と相談し、対処させていただきます。

専門知識・技術を有し、患者さんを全体的に診られる専門医の全人的育成をめざします

臨床研修センター長   循環器内科部長 音羽 勘一
 
市立敦賀病院は敦賀、二州地区における中核病院で、年間1800台の救急車を受け入れ、1万1千人以上の時間外診療を行っています。平成16年度から初期臨床研修制度にのっとり、毎年6名前後の初期臨床研修医を受け入れています。
 
当院内科は現在、循環器、消化器、呼吸器、腎臓透析の各グループに分かれ、毎週全体で症例検討会、入退院カンファレンス、抄読会を行い、各グループでさらに症例検討会、外科、放射線科を交えたキャンサーボードなどを行っています。剖検も毎年10例以上を数え、適宜CPCも開催されており、充実した研修が可能です。
 
内科の後期研修は2〜3年としています。1年目は3ヶ月ごとのローテーション(循環器、呼吸器、消化器、腎臓)していただき、2年目以降は研修医と相談しながら研修スタイルを考えていきます。個々の研修目標に応じたプログラムが可能と考えています。
 
当院は日本内科学会教育病院に指定されていますので、いち早く内科認定医の受験資格を取得することが可能です。さらに、日本内科学会、日本循環器学会、日本呼吸器学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会などの認定施設に指定されており、各専門医を目指す条件も整っています。
また、学会出張も一定額までは病院が支援します。
後期研修終了後は、当院に正規職員として就職する道や他の市中病院に就職する道もあり、関連医局に紹介することも可能です。
医師としての成長期を当院で研修してみようと希望される医師を募集いたします。

募集要項

■募集診療科
内 科
 
1年目は、3ヶ月ごとのローテーション(循環器、呼吸器、消化器、腎臓)で、2年目以降は選択可能となります。
当院における研修により、内科認定医の受験資格取得が可能であり、また、日本内科学会、日本循環器学会、日本呼吸器学会、日本消化器学会、日本消化器内視鏡学会などの認定病院に指定されているため、各専門医を目指すことも可能です。
後期研修終了後は、当院に就職する選択や、大学病院医局、他の市中病院に就職する選択があります。関連医局への紹介も可能です。
■応募資格
2年間の臨床研修を修了した医師、修了する見込みの医師、または当院が適当と認めた医師
■研修期間
原則2〜3年間(相談に応じます)
■当院における学会の指定
日本内科学会認定教育病院・日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
日本消化器病学会指導施設・日本消化器内視鏡学会指導施設
日本呼吸器内視鏡学会関連認定施設・日本呼吸器学会認定施設
日本外科学会外科専門医制度研修施設・日本消化器外科学会専門医修練施設
日本胸部外科学会関連施設・マンモグラフィ検診施設
日本整形外科学会研修施設・日本手の外科学会研修施設
日本脳神経外科学会専門医訓練施設・日本泌尿器科学会専門医教育施設
日本周産期・新生児医学会暫定研修施設・日本眼科学会専門医制度研修施設
日本麻酔科学会麻酔認定病院・日本臨床細胞学会施設
■募集定員
各年若干名
■採用方法
書類審査、面接・口頭試験
■面接・口頭試験日
応募者には郵送等にて連絡
■応募書類
履歴書(市販のものでよい)、医師免許証の写し
■応募方法
市立敦賀病院 総務企画課に上記書類を郵送
■処遇
給料:月額485,400円以上(医師手当・地域手当含む)
上記のほか、扶養手当、通勤手当、当直手当、時間外手当等の支給あり)
身分:市立敦賀病院常勤職員(正職員)
賞与:あり
宿舎:あり
その他:学会、研修会旅費等あり
■提出先・問合せ先

〒914−8502 福井県敦賀市三島町1丁目6番60号

           市立敦賀病院総務企画課 臨床研修係

           電話 0770-22-3611 FAX:0770-22-6702

           メール:b-soumu@ton21.ne.jp

0
4
6
9
6
6