当院の活動記録

当院の活動記録

高校生一日看護体験を実施しました。

2014-08-20
 7月29日に敦賀高校、敦賀工業高校、敦賀気比高校、美方高校、若狭高校の1年生〜3年生45名が参加し、高校生一日看護体験を実施しました。

 はじめは緊張した面持ちであった高校生のみなさんですが、病院内の各部署の見学や、患者さんとのふれあいの中で、自然に笑顔があふれ、患者さんとたくさんお話ができました。

 意見交換会では、「思っていた以上に大変で責任が重い仕事。でも、やりがいがある仕事!」との感想が多く語られました。みなさん、看護師をめざす気持ちがより強くなったようでした。

  看護部 K

クリティカルパス作成研修会を開催しました

2014-08-12
当院では、チーム医療と医療の標準化をさらに高度なレベルに上げるため、クリティカルパス(医療チームが、特定の疾患、手術、検査ごとに、共同で実践する治療・検査・看護・処置・指導などを、時間軸に沿ってまとめた治療計画書)の新規作成、運用に取り組んでいます。
今年度も昨年度、一昨年度に引き続き、クリティカルパス作成研修会を開催しました。
当日は、職種や所属の枠を越え、和やかな雰囲気で進行し、クリティカルパスの作成が楽しいとの声もあり、今後のクリティカルパスの質の向上や種類の増加が期待される一日でした。
クリティカルパス委員会では、具体的な数値目標を掲げ、今後も更に推進を図りたいと考えています。
参加したスタッフのモチベーションの高さやチームワークの良さが伺える一日でした。

(クリティカルパス委員会事務局)

多重事故訓練にDMATが参加しました

2014-06-26
6月25日(水)に舞鶴若狭自動車道三方五湖パーキングエリア(若狭町生倉)において多重事故対応訓練が実施され、当院の災害医療チーム(DMAT)8名が救護訓練に参加しました。
 高速道路上で発生した多数の負傷者に対し、救護所でトリアージと応急処置を行うとともに、重傷者を当院の医師、看護師随行のもと高次の救急医療機関へヘリコプター搬送を行う訓練を行いました。
 当院は災害拠点病院です。院内外の訓練を通じて災害医療のスキルアップを継続してまいります。
 
いよいよ7月20日(日)に舞鶴若狭自動車道が全線開通します。また、これから海水浴シーズンになります。安全運転で多くの方に敦賀にお越しいただきたいと思います。
 
  DMAT担当

晴明保育園のみなさんが来てくださいました!

2014-06-19

 こんにちは
 6月も半ばになり、暑い日が続きますね。
 みなさんは体調など崩されていませんか?
 暑い日はこまめに水分を取るなどして、しっかりと対応しましょう

 さて、今日は晴明保育園のみなさんが元気なうたを披露してくれました。
 披露してくれたうたは「はなのうた」です。
 そして最後には看護師さんたちに花束のプレゼントも

 院内にたくさんの笑顔があふれた日になりました


 事務局より

在宅移行支援の研修会、意見交換会を行いました

2014-04-04
宇都宮宏子先生
意見交換会
講演会
3月20日(木)地域医療連携室主催で京都の在宅ケア移行支援研究所宇都宮宏子オフィスより宇都宮宏子先生をお迎えして、看護部・地域医療連携室退院支援係との意見交換会、病院職員全体に対する在宅移行支援の研修会を行いました。
 当日は、宇都宮先生が病院勤務中に経験された癌ターミナル患者の退院支援ケースや看護師として退院支援の方法等について話していただき、医師、看護師、コメディカルが大勢参加しました。
 参加者からは「目からウロコが出る」「やらなければならないことが見えた気がする」「退院支援をしようとやる気がでた」との感想が聞かれ、意識の高まりを感じられる研修となりました。
 
宇都宮先生から学んだことを活かして、今後の支援や他職種連携に繋げていきたいと思います。
 
宇都宮宏子先生のご紹介
福井県出身
○京都府看護協会 在宅療養移行支援事業・在宅担当
○聖路加看護大学 臨床教授
○京都大学医学部 人間健康科学部 非常勤講師

  地域医療連携室 F
1
4
0
9
1
3