当院の活動記録

当院の活動記録

もうすぐクリスマス

2013-12-05
 正面玄関横にクリスマスツリー   を設置しました。
 12月17日(火)16時30分より、毎年恒例の「クリスマスのつどい」開催します。
 職員の歌や楽器演奏、敦賀市民合唱団のご協力を得て、クリスマスソングの合唱を予定しています。

  患者サービス向上検討委員会事務局

初期消火訓練を行いました

2013-11-22

 平成25年11月21日(木)敦賀消防署署員をお招きして、消化器による初期消火の研修を行いました。
 研修では、普段からどこに消化器が置いてあるか把握するとともに、万が一の事態のときは、消火活動の前に火事であることを周囲の職員に伝えて、迅速な119番通報や患者さんの避難行動が重要との説明を受けました。
 消化器の取扱いの説明のあとには、実際に消化器を使った初期消火訓練を行い、手順を確認しました。
 今後も、安全・安心な病院環境づくりのため、訓練や研修を通じて防火意識を高めてまいります。
 

当院DMATが多重事故訓練に参加しました

2013-11-18
 平成25年11月14日(木)午後、国土交通省福井河川国道事務所主催のトンネル内多重事故対応訓練に当院DMATが参加し、院内における消防からの情報収集訓練、現場の仮設救護所におけるトリアージ訓練、トンネル内における重症者の応急処置訓練などを行いました。
 自然災害のみならず、今回の訓練のような大規模事故が発生した場合、現場からの情報を基に重症患者の受入れのための院内体制をいかに素早く構築するかが重要となります。規模によっては通常の救急室の枠を越えて災害モードとして対応する必要があります。
 これからも院内訓練や関係機関の訓練に参加することにより、職員の緊急時の機動性を一層高めてまいります。

出前講座

2013-11-14
 11月12日、敦賀市粟野子育て支援センターにて、出前講座を開催しました。
 テーマは、「こどもの心肺蘇生法」で、当院の看護部 救急看護認定看護師藤原貞美子主任看護師が講演しました。
 小児で多い死亡原因、事故の予防等の講演をした後、赤ちゃん人形を使って、心肺蘇生法とAEDを実際に体験していただきました。「はじめてAEDをさわった」「緊急時はパニックになってしまうだろうけど、何も知らない時より少しは、自信をもてた」などの感想をいただきました。
  地域医療連携室O・M

クリティカルパス作成研修会が開催されました

2013-11-13

<日時> 平成25年11月9日(土)午前9時〜正午 東診療棟3階講堂

当院では、チーム医療と医療の標準化をさらに高度なレベルに上げるため、クリティカルパス(医療チームが、特定の疾患、手術、検査ごとに、共同で実践する治療・検査・看護・処置・指導などを、時間軸に沿ってまとめた治療計画書)の新規作成、運用に取り組んでいます。
今年度も昨年度、一昨年度に引き続き、クリティカルパス作成研修会を開催しました。当日は、職種や所属の枠を越え、和やかな雰囲気で進行しました。
クリティカルパス委員会では、具体的な数値目標を掲げ、今後も更に推進を図りたいと考えています。
参加したスタッフのモチベーションの高さやチームワークの良さが伺える一日でした。

(クリティカルパス委員会事務局 U)
1
2
0
7
1
0