本文へ移動

当院の活動記録

当院の活動記録

当院DMATが多重事故訓練に参加しました

2013-11-18
 平成25年11月14日(木)午後、国土交通省福井河川国道事務所主催のトンネル内多重事故対応訓練に当院DMATが参加し、院内における消防からの情報収集訓練、現場の仮設救護所におけるトリアージ訓練、トンネル内における重症者の応急処置訓練などを行いました。
 自然災害のみならず、今回の訓練のような大規模事故が発生した場合、現場からの情報を基に重症患者の受入れのための院内体制をいかに素早く構築するかが重要となります。規模によっては通常の救急室の枠を越えて災害モードとして対応する必要があります。
 これからも院内訓練や関係機関の訓練に参加することにより、職員の緊急時の機動性を一層高めてまいります。

出前講座

2013-11-14
 11月12日、敦賀市粟野子育て支援センターにて、出前講座を開催しました。
 テーマは、「こどもの心肺蘇生法」で、当院の看護部 救急看護認定看護師藤原貞美子主任看護師が講演しました。
 小児で多い死亡原因、事故の予防等の講演をした後、赤ちゃん人形を使って、心肺蘇生法とAEDを実際に体験していただきました。「はじめてAEDをさわった」「緊急時はパニックになってしまうだろうけど、何も知らない時より少しは、自信をもてた」などの感想をいただきました。
  地域医療連携室O・M

クリティカルパス作成研修会が開催されました

2013-11-13

<日時> 平成25年11月9日(土)午前9時〜正午 東診療棟3階講堂

当院では、チーム医療と医療の標準化をさらに高度なレベルに上げるため、クリティカルパス(医療チームが、特定の疾患、手術、検査ごとに、共同で実践する治療・検査・看護・処置・指導などを、時間軸に沿ってまとめた治療計画書)の新規作成、運用に取り組んでいます。
今年度も昨年度、一昨年度に引き続き、クリティカルパス作成研修会を開催しました。当日は、職種や所属の枠を越え、和やかな雰囲気で進行しました。
クリティカルパス委員会では、具体的な数値目標を掲げ、今後も更に推進を図りたいと考えています。
参加したスタッフのモチベーションの高さやチームワークの良さが伺える一日でした。

(クリティカルパス委員会事務局 U)

出前講座

2013-11-01
 10月22日、敦賀市子育て支援センターにて、出前講座を開催しました。
 テーマは、「こどもの急病時の対処法」で、当院の看護部 救急看護認定看護師の藤原貞美子主任が講演しました。「発熱した時は?」「下痢や嘔吐があったときは?」「頭を打ったときは?」「たばこや電池を飲み込んだら?」等、救急時によくある事例をもとに、具体的な対処法をお話しました。参加者のおかあさん方からは、たくさんのご質問をいただき、急病時の対処法について学習していただきました。
 今日のお話が、日頃の子育てのお役に立てれば幸いです。
  地域医療連携室O・M

出前講座

2013-11-01
 10月30日、阿曽ふれあい会館にて、出前講座を開催しました。
 テーマは、「血管を守るための生活とは?」で、当院の看護部 糖尿病看護認定看護師加藤久代師長が講演しました。
 血管を守る食生活や生活習慣についてお話させていただき、加藤師長の素敵な歌声とともに、簡単な体操をしました。
 阿曽地区のみなさん、いつまでもお元気でお過ごしくださいね。
  地域医療連携室O・M
1
6
1
5
3
3
TOPへ戻る