本文へ移動

当院の活動記録

当院の活動記録

出前講座

2013-11-01
 10月22日、敦賀市子育て支援センターにて、出前講座を開催しました。
 テーマは、「こどもの急病時の対処法」で、当院の看護部 救急看護認定看護師の藤原貞美子主任が講演しました。「発熱した時は?」「下痢や嘔吐があったときは?」「頭を打ったときは?」「たばこや電池を飲み込んだら?」等、救急時によくある事例をもとに、具体的な対処法をお話しました。参加者のおかあさん方からは、たくさんのご質問をいただき、急病時の対処法について学習していただきました。
 今日のお話が、日頃の子育てのお役に立てれば幸いです。
  地域医療連携室O・M

出前講座

2013-11-01
 10月30日、阿曽ふれあい会館にて、出前講座を開催しました。
 テーマは、「血管を守るための生活とは?」で、当院の看護部 糖尿病看護認定看護師加藤久代師長が講演しました。
 血管を守る食生活や生活習慣についてお話させていただき、加藤師長の素敵な歌声とともに、簡単な体操をしました。
 阿曽地区のみなさん、いつまでもお元気でお過ごしくださいね。
  地域医療連携室O・M

出前講座を開催しました

2013-10-03
 9月30日、中部運輸局福井運輸支局敦賀庁舎にて、出前講座を開催しました。
 テーマは、「食べて動いて健康寿命を延ばそう!」で、当院の看護部 糖尿病看護認定看護師の加藤久代師長が講演しました。食事・運動・睡眠・感情について、チェックシートを使いながらご自身の生活スタイルを振り返っていただきました。また、たった5分の簡単な体操を実践しましたが、私は、日頃の運動不足が影響し、息が上がってしまいました。
 働き盛りのみなさん、健康寿命を延ばす生活スタイルを心がけてくださいね。
  地域医療連携室O・M

訪問看護師、ケアマネジャー、病院看護師との合同研修会を開催しました。

2013-10-03
 9月26日、地域に従事する訪問看護師、ケアマネジャー、病院看護師と合同の研修会を開催しました。時間外にも関わらず大勢の方が参加されました。
 まず、初めに、当院地域医療連携室の田中室長より、地域医療連携室の紹介をしました。その後、各グループに分かれて「訪問看護師を上手に使うには」というテーマで意見交換会を行いました。職種ごとの立場によって様々な意見が出されました。「訪問看護をうまく使えていない。患者の橋渡しができるようにしていく必要がある。」「(地域は)退院カンファレンス時に情報をもらうのではなく、その前から情報がほしい。」「患者や家族に退院の意識づけをさせてほしい。」など、貴重な意見がたくさん出ました。
 今後、ますます病院と地域との連携が密になるよう、この意見を活かしていきたいと思います。
  地域医療連携室O・M

看護管理学術集会で発表しました

2013-10-03
  9月20日、グランキューブ大阪にて開催された、看護管理学術集会で発表しました。地域包括ケアシステムのシンポジウム終了後、日本看護協会常任理事の福井トシ子先生にお声掛けし、一緒に写真を撮っていただきました。快く応じていただき、大変感激しました。中央の先生方のお話しや、現場で同じ立場で仕事をする方々の活発な意見を聞くことができ、大変励みになりました。
  医療支援部 T
1
7
9
2
8
3
TOPへ戻る