当院の活動記録

当院の活動記録

訪問看護師、ケアマネジャー、病院看護師との合同研修会を開催しました。

2013-10-03
 9月26日、地域に従事する訪問看護師、ケアマネジャー、病院看護師と合同の研修会を開催しました。時間外にも関わらず大勢の方が参加されました。
 まず、初めに、当院地域医療連携室の田中室長より、地域医療連携室の紹介をしました。その後、各グループに分かれて「訪問看護師を上手に使うには」というテーマで意見交換会を行いました。職種ごとの立場によって様々な意見が出されました。「訪問看護をうまく使えていない。患者の橋渡しができるようにしていく必要がある。」「(地域は)退院カンファレンス時に情報をもらうのではなく、その前から情報がほしい。」「患者や家族に退院の意識づけをさせてほしい。」など、貴重な意見がたくさん出ました。
 今後、ますます病院と地域との連携が密になるよう、この意見を活かしていきたいと思います。
  地域医療連携室O・M

看護管理学術集会で発表しました

2013-10-03
  9月20日、グランキューブ大阪にて開催された、看護管理学術集会で発表しました。地域包括ケアシステムのシンポジウム終了後、日本看護協会常任理事の福井トシ子先生にお声掛けし、一緒に写真を撮っていただきました。快く応じていただき、大変感激しました。中央の先生方のお話しや、現場で同じ立場で仕事をする方々の活発な意見を聞くことができ、大変励みになりました。
  医療支援部 T

病院ボランティア交流会

2013-09-09
8月30日(金)に病院ボランティア「そよ風」メンバー11名と、病院職員10名が出席し、ボランティア交流会を開催いたしました。
「そよ風」の皆さんからは、 「患者さんのお礼の言葉が活動の励みになっている」、「ボランティア活動する人が増えてほしい」などのお話がありました。
 また、いつも患者さんにきめ細かい心遣いで接している様子をうかがい、ますます
感謝の思いが深まりました。
これからもよろしくお願いいたします。
                                                                患者サービス向上検討委員会事務局

〜またまた今年も白山に登ってきました〜

2013-09-03
 今年も、院長先生をはじめ様々な職種の方々と「霊峰白山」に登ってきました。前日まで大雨だったこともあり、登山が可能かどうかとても心配でしたが、ボクが超晴れ男であることも幸いして無事決行することができました。
 今年で登山?回目ということもあり、準備はOK!! そして何より、昨年より気持ちに余裕がありました♪しかし・・・実際登ってみると正直昨年よりキツかった・・・よく考えたら1年歳をくっていました・・・
 余談はさて置き、今年は新たなメンバーが加わりました。最年少は小学校2年生の男の子です。最初は、小さいのに大丈夫かなとかなり心配しました。険しい道もありますし、4時間以上山道を歩かないといけませんから。でも、実際登ってみるとメチャクチャ早い・・・僕なんかより全然元気いっぱいでした。結果心配無用でしたね。本当に夏休みの良い思い出になったのではないでしょうか。
 今年は、あいにくの天気で御来光は拝めませんでしたが、代わりに夕日がものすごく綺麗でした。雲の下に太陽が吸い込まれていく姿がとても印象的で、今でも目に焼き付いています。これは登った人しか味わえない最高の時間です。そして、ビールが美味い・・・
 是非皆さん白山に登ってみてください。登るたびに色んな風景が楽しめますよ。そして、一緒に登る方々との交流、強い連帯感が生まれます。ダマされたと思って一緒に登ってみませんか?

  投稿:敦賀病院白山登山同好会(仮)

医師の接遇研修を開催しました

2013-08-23

〈日時〉平成25年8月13日(火) 18:15〜19:15

 
 当院において医師を対象とした接遇研修を行いました。
 今回は『患者満足と接遇』を研修テーマとして開催し、お盆にもかかわらず院長・副院長を含めた多くの参加がありました

 

 

  1時間と短い時間の研修でしたが、患者さんへの接し方、気持ちの良い交流の仕方などを学び、充実した研修だったと思います 

 

   接遇チーム事務局
 今後も更なる接遇向上を目指しますので、皆様よろしくお願いします

1
4
0
9
1
3