本文へ移動

当院の活動記録

当院の活動記録

病院運営モニター懇談会を開催しました

2013-03-29
 3月27日(水)、当院において病院運営モニター懇談会を開催しました。
 最初に6名のモニターに米島院長から委嘱状が公布され、これから1年間にわたり病院の運営方法について御意見・御提案をいただくこととなりました。
 懇談会では、「救急室の現状」について、徳永救急科部長が、「放射線室の検査・治療体制について」放射線室の平口技師長が説明いたしました。
 当院からの説明及び見学の後、懇談に入り、モニターから?入院中の医療や心配ごとの相談体制の充実、?透析室の環境改善、?ホームページを利用した当院の診療体制のPRなど多くの御意見をいただきました。
 当院では、いただいた御意見を今後の病院運営、患者さんへのサービスの向上に結びつけるよう改善を図ってまいります。
                                                      総務企画課 担当

出前講座

2013-03-06
 3月1日(金)「年金受給者協会敦賀支部の女性会員のつどい」にお伺いしました。
 当院救急科 徳永日呂伸部長が講師となり、「フクシマ原発事故から我々が学ぶべきこと」と題して講演させていただきました。
 少し体操を交えながらの90分間でした。
 約100名の大勢の方にお越しいただき、涙あり、笑いありの講演になりました。

  地域医療連携室 O

TQM大会

2013-02-27
〈日時〉 平成25年2月22日(金)
     午後5時30分〜7時30分 東診療棟3階講堂
〈参加者〉 計112名
 TQMとは、「トータル・クオリティ・マネジメント」の略語で、「総合的品質管理」という意味です。
当院では平成21年度にTQM委員会が設置され、市立敦賀病院の医療及び業務の質の改善により、良質な医療の提供を図るため、定期的に勉強会を開催し、活動しています。
 今年度も昨年度に引き続き、TQM大会を開催しました。
 当日は、16サークルから工夫を凝らした業務改善活動が報告され、また和やかな雰囲気で進行しました。
 TQM委員会では、今後も更にTQMの推進を図りたいと考えています。
〈結果〉
1位:サークル名「チーム スイミー」 
   演題「書類業務を快適に」
2位:サークル名「ぴよぴよちゃん、いらっしゃい」
   演題「Weicom 学生」
3位:サークル名「CMI」 
   演題「Let's 呑みにケーション」
院長賞:サークル名「敦病神起with美玲ちゃん」 
    演題「低栄養の負のスパイラルを断ち切ろう」
                 (TQM委員会事務局 U)

もうすぐひな祭り!!!

2013-02-26
3月3日のひな祭りまでもうすぐということで、当院でも  正面玄関に、ひな人形を飾りました
ひな人形を飾ると、春らしくなりますね
みなさんも来院された際にはぜひご覧ください 

 患者サービス向上委員会 担当より

市立敦賀病院防災講演会を開催しました

2013-02-25
 2月20日(水)に名古屋掖済会病院 副院長の北川喜己先生をお招きして「災害時の心構えとDMATの活動」の演題で防災講演会を開催し、院内外の医療関係者約100名が受講しました。
 北川先生は救命救急センターにおける救急医としての医療活動や、東日本大震災における活動をもとに、災害時対応にいかに迅速に通常モードから災害モードのスイッチを入れ「CSCA-TTT]を実践できるかが鍵であることを述べられました。そして、トリアージにおいて多数の傷病者から重傷のサインを的確に見つけ、「赤(重傷患者)」をとにかく迅速に治療又は受入れ可能な病院へ搬送するかが重要であると述べられていました。
 今回の講演会をもとに、今まで行ってきた防災訓練マニュアルなどを点検して、病院全体の危機対応力の底上げにつなげていきたいと感じました。
 総務企画課 防災担当
1
7
9
2
8
1
TOPへ戻る