本文へ移動

当院の活動記録

当院の活動記録

ICLSコースのご紹介

2012-03-05
トレーニングの様子
 市立敦賀病院では、日本救急医学会の蘇生トレーニングコース(ICLS)を年3回のペースで行っています。これは、突然の心停止後、いかにうまく蘇生処置を行い、救命していくかを学ぶためのコースです。
 写真のように、脈拍や呼吸がわかるような人形を使い、実際に色々な処置を行いながら、真剣かつ楽しく勉強をしています。講師は、医師、看護師、コメディカル、救命士の面々で、自己研鑽のため大阪や滋賀まで指導に行っている強者もいます。受講生も病院内だけではなく、仙台、愛知など各地から参加しています。
 今後も、一人でも多くの方に参加していただき、救急の輪を広げていきたいと考えています。Facebookでも”つるがICLS”で写真を公開中です。

 投稿者:循環器科部長 音羽 勘一
1
7
9
8
9
2
TOPへ戻る