当院の活動記録

当院の活動記録

 

ボランティア交流会が行われました!

2015-11-27
平成27年9月17日に当院で活躍されているボランティアさんをお招きして、 ボランティア交流会が行われました。

交流会のはじめに、病院ボランティア「そよ風」の活動が今年で10周年を迎えることから、当院から同会に感謝状が贈られました。

「そよ風」は、当院に訪れた患者さんの受付手続きのお手伝いや、車いすの点検、病院・各診療科への案内などのボランティア活動を行っています。
今回の交流会では、同会のメンバーとの親交を深めるとともに、上記のような活動を10年間続けられてきたことに対し、当院より感謝と敬意の気持ちをお伝えする良い機会となりました。

和やかな雰囲気の中、当院職員との意見交換が進み、最後に記念撮影を行いました。

病院災害対策訓練を行いました

2015-11-09
DMAT参集拠点訓練(北陸道南条SA)
院内トリアージ訓練
院内訓練後のDMAT活動検証会
 平成27年11月8日()に今年度の病院災害対策訓練を実施しました。
 今年度は、同日に開催されました中部ブロックDMAT実動訓練と連携した訓練を実施しました。
 これまでも大規模地震の発生と多数傷病者の受入れ訓練(トリアージ訓練)を行ってきましたが、今回は、DMAT活動拠点本部との連携による他病院からの傷病者の受入れの調整訓練や、当院に派遣された他病院DMATに院内訓練へ参画いただき、院内限定の訓練から災害時の医療連携に踏み込んだ、より実践的な訓練になったと考えています。
 病院訓練に他病院の災害医療の専門の方が入ることにより、院内職員だけでは分からない当院の強みと課題の両方が明らかになったと考えております。院内で今回の訓練結果を検証し、災害に強い、機動的に対応できる病院づくりを進めてまいります。
 また、敦賀市立看護大学、敦賀市立看護専門学校の学生のみなさんにも参加いただいたことにより、普段の看護実習だけでは得られない、緊急時の病院の役割の重要性を感じていただけたと思っております。

 今回の訓練の実施にあたり、敦賀市立看護大学、敦賀市立看護専門学校の学生のみなさんのご協力をいただきありがとうございました。
 また、DMAT参集拠点運営及び当院の訓練運営にあたり、中部地区の災害拠点病院から参集されたDMATチーム及び敦賀美方消防組合の消防職員のみなさんに多大なるご協力をいただきありがとうございました。

(総務企画課 DMAT担当)

出前講座を開催しました。

2015-10-11
平成27年9月に行われた市立敦賀病院出前講座をご紹介いたします。

9月10日【会場:粟野子育て支援センター】
「子どもの心肺蘇生法」(講演:藤原貞美子 救急看護認定看護師)
★お母さんやお子さんも一緒になって参加していただきました。救急担当の看護師による指導のもと、AEDを実際に使用するなど、実技を通して学んでいただきました。

9月18日【会場:敦賀市東郷公民館】
「がんの発生と予防・治療について」(講演:田辺里江 がん性疼痛看護認定看護師)
★成人女性を対象に講演いたしました。日本人に多いがんに関する予防法のほか、女性特有のがんである乳がんや子宮がんについても詳しい説明がありました。皆さんも定期的な健診を受けましょう。

9月29日【会場:敦賀港湾合同庁舎】
?「動脈硬化の基礎知識」(講演:音羽勘一 循環器科医師)
?「心臓病と食事療法」(講演:比田羽美 栄養管理士)
★船員災害防止協会中部支部敦賀地区支部主催の「安全衛生講習会」内で講演いたしました。 船員、船舶所有者を対象に生活習慣病に関する予防法や食事療法についてお話しいたしました。

多くの方々に講演をお聞きいただき、誠にありがとうございました。
この度、出前講座メニューも新たに1講座追加いたしました。
(「脳卒中について」・・・脳神経外科医師が治療法や予防法について講演いたします)
詳しくは当院ウェブサイト内にある出前講座ページをご覧ください。

メニューに記載していない講演も可能ですので、御要望がございましたら地域医療連携室
(直電:0770-21-1266)までお問合せください。

地域医療連携室 N

当院DMATが福井県総合防災訓練に参加しました

2015-08-30
 平成27年8月30日(日)、小浜市(小浜漁港)で開催された平成27年度福井県総合防災訓練に当院DMATが参加しました。
 これまで当院DMATは各種訓練において、個別の救助事案に対する救護活動を中心に参加してきましたが、昨年度、当院医師が「統括DMAT」の研修を修了したことから、今回、参加DMAT等を統括する現地DMAT本部の設置運営訓練をさせていただきました。
 統括DMATとして、他病院DMATの受入れ、現地災害対策本部会議への出席・情報収集、救護所からの傷病者の情報収集、消防機関等への救急車の要請、医療機関と傷病者の受入れの調整などを行いました。
 救護訓練では、救助した傷病者の傷病の程度を見極め(トリアージ)、治療し、本部に正しい傷病情報を報告することが主でしたが、DMAT本部訓練は、多数の防災関係機関との調整の中で、正しい情報、断片的で不明確な情報、重複した情報を見極め、適切な患者搬送に繋げていくことの難しさを痛感しました。
 DMAT本部の運営に際し、主催の福井県、小浜市をはじめ、福井県立病院DMAT、杉田玄白記念公立小浜病院DMAT、福井総合病院DMAT、福井県医師会JMAT、日本赤十字社福井県支部、消防機関等のご協力をいただき誠にありがとうございました。

(総務企画課 DMAT担当)

クリティカルパス作成研修会を開催しました

2015-08-24
当院では、チーム医療と医療の標準化をさらに高度なレベルに上げるため、クリティカルパス(医療チームが、特定の疾患、手術、検査ごとに、共同で実践する治療・検査・看護・処置・指導などを、時間軸に沿ってまとめた治療計画書)の新規作成、運用に取り組んでいます。
 今年度も昨年度、一昨年度に引き続き、クリティカルパス作成研修会を開催しました。
 当日は、職種や所属の枠を越え、和やかな雰囲気で進行し、医師と看護師が議論しながら協力して作成し、今後のクリティカルパスの質の向上や種類の増加が期待される一日でした。
 
 クリティカルパス委員会では、具体的な数値目標を掲げ、今後も更に推進を図りたいと考えています。
 参加したスタッフのモチベーションの高さやチームワークの良さが伺える一日でした。

(クリティカルパス委員会事務局)
0
6
2
2
4
6