医療安全管理室

医療安全の最高責任者として院長がその任を担います。
医療安全担当の医療安全推進統括者が院長を補佐します。
「医療安全対策委員会」とその下に随時設置される「医療安全事例調査委員会」は、病院全体の医療安全に関連する問題に対して、解決、対策、防止、及び安全文化普及の役目を担います。医療安全対策委員会の下には、「リスクマネジメント部会」があり、医師・看護師をはじめとした多職種のリスクマネジャーが中心となり、職場の隅々まで日々の医療安全の遂行と点検、提案を行っています。「医療安全管理室」には、専従の医療安全管理者がおり、厚生労働省の業務指針を基に医療安全全般のマネジメントとインシデント・アクシデントの収集・分析、PDCAサイクルの現状評価を行っています。他方、患者さんやご家族等からの療養全般に関わる様々な問題や苦情、セカンドオピニオンの申し込み等を受け取る窓口として「医療福祉相談支援室」が設けられています。また、医療メディエーターを専従として設け、患者さんと医療者の対話促進を行っています。
 
医療安全の推進のために(患者さんへのお願い)
 
医療安全は患者さんの協力が必要です。
当院では患者誤認防止のために、様々な場面で患者のみなさまご自身に名乗っていただくことがあります。外来受付や検査部門、病棟でお名前を伺うことが多くあると存じますが、ご協力お願いいたします。
 
検査や手術を予定されている患者さんへ
服用されているお薬の中に血が止まりにくくなる成分が入っている場合、検査や手術の前に中止する必要が出てきます。他の病院で処方されているお薬を含め内服薬がある場合は、外来受診時に持参していただき主治医にお問い合わせください。
0
6
2
2
4
6