本文へ移動

体制

体制

医療安全基本理念

 福井県嶺南地域の中核的総合病院として住民の身体生命を守る役目を持つ市立敦賀病院は、職員が一丸となって患者の安心・安全に答えるべく医療安全に取り組まなければならない。
 このような考え方のもとに、医療従事者個人の医療安全文化醸成による事故防止と、病院の組織的な事故防止の二つの防止対策を推し進めることが必要である。インシデント・アクシデントの発生を未然に防ぎ、患者が安心して安全な医療を受けられる環境を提供することを目標とする。当院においては病院長のリーダーシップのもと、全職員の積極的な取組みを各職員に求める。

医療安全の仕組み

 病院全体の医療安全に責任を直接持つ管理者は医療安全推進統括者が務め、医療安全の最高責任者として院長がその任を担います。「医療安全対策委員会」とその下に随時設置される「医療事例調査委員会」は、病院全体の医療安全に関連する様々な問題とその解決、対策、防止、普及の役目を担います。前者の委員会のもとには、さらに職員が中心となり、職場の隅々まで日々の医療安全の遂行と点検、提案を行うための「リスクマネジメント部会」と「医療安全推進会議」が設けられています。他方、患者や家族等からの療養全般にかかわる様々な問題や苦情、セカンドオピニオンの申し込み等を受け取る窓口として「患者相談室」が設けられています。
 さて、医療安全を高いレベルで達成するためには色々な委員会を単に設け、開催すれば実現できるものではありません。優れて、職員一人一人の医療に対する姿勢と考えが問われます。すなわち、医療の質をどのように考えるのか、さらに患者中心の医療をどのように考えるのか、ということに他なりません。そして、このような考えや行動を当院の実情に合わせて如何に各自が自らの目標を設けて自分の周りで遂行できるかが大きなポイントになります。その際に、各自の行動を可能とし、成果を形として病院という組織の中に蓄積して行くことを保証する仕組みが、まさに「医療安全対策の仕組み」に他なりません。
医療安全は日々の積み重ねと過去に囚われない意識で臨むことがポイントとなります。さらに高い目標、創意工夫、科学的検討、共有化と改善・改革への情熱が医療安全に対する職員の共通の合言葉でなければなりません。
1
7
9
9
7
0
TOPへ戻る