体制

http://tsuruga-hp.jp/index.php?id=190
(1)医療安全対策委員会
医療安全対策について中心的な役割を担う委員会として医療安全対策委員会を置く。
医療安全対策委員会について、基本的な事項は「医療安全対策委員会設置要綱」として別に定める。
 
(2)医療安全管理室
医療安全対策を推進するため、医療安全管理室を置く。
医療安全管理室には、専従の医療安全管理者を置く。
医療安全管理室について、基本的な事項は「市立敦賀病院組織及び分掌事務既定」に定める。
 
(3)医療安全管理者
医療安全管理者は、医師、薬剤師または看護師のうちのいずれかの資格を有し、所定の医療安全管理研修を修了した者とする。
医療安全管理者は、医療安全管理委員会の構成員となり医療の安全管理に関する体制の構築に参画し、医療安全対策室の業務に関する企画立案及び評価、委員会等の各種活動の円滑な運営を支援する。また、医療安全に関する職員への教育・研修、情報の収集と分析、対策の立案、事故発生時の対応、再発防止策立案、発生予防及び発生した事故の影響拡大の防止等に努める。そして、これらを通し、安全管理体制を組織内に根づかせ機能させることで、本院における安全文化の醸成を促進する。
医療安全管理者は、医療安全対策の推進に関する業務に専ら従事し、医療安全部門の各組織ならびに各安全管理者と連携して業務を行う。
 
(4)医薬品安全管理責任者
医薬品安全管理責任者は、医薬品に関する十分な知識を有する医師、薬剤師または看護師のうちのいずれかの資格を有する者とする。
医薬品安全管理責任者は、医薬品の安全使用のための業務に関する手順書の作成、職員に対する医薬品の安全使用のための研修の実施、医薬品の業務手順書に基づく業務の実施、医薬品の安全使用のために必要となる情報の収集その他の医薬品の安全使用を目的とした改善のための方法策の業務を行う。
医薬品安全管理責任者は、医薬品にかかる安全管理のための体制を確保するため、医療安全管理委員会ならびに各安全管理者との連携により、実施体制を確保する。
 
(5)リスクマネジメント部会
インシデントに係る包括的な事項を審議するためリスクマネジメント部会を置く。
リスクマネジメント部会について、基本的な事項は「リスクマネジメント部会設置要綱」として別に定める。
 
(6)リスクマネージャー
各職場において医療安全対策を確立する指導的役割を担うものとしてリスクマネージャーを配置する。
0
4
6
9
6
0