本文へ移動

活動内容

活動内容

インシデント・アクシデントのレポート提出

  院内で起きた事故事例については、その報告を徹底し各部署のリスクマネジャーが中心となって、分析・対策立案を行っています。事故を防ぐためには、原因や要因の分析を行い適切な対策を立案することが必要です。当院では、要因分析の勉強会を開催しリスクマネジャーだけでなく、各部署のスタッフも参加し、事故防止に努めています。
 
項目
平成28年度
平成29年度
インシデント・アクシデント総数
1127枚
1893枚
上記インシデントレポート数
449枚
1068枚
要因分析指導回数
36回
182回
要因分析提出率
43%
88%
要因分析勉強会の様子

医療安全カンファレンス

 スタッフが、日頃から医療安全を意識し、事故防止に努めるために、月1回以上各部署で医療安全カンファレンスを行っています。
 
 【目的】各部署が日常的に医療安全を意識し、予防に努める。
  • 当該部署で連続して起こる事故の原因、要因に関して協議する。
  • 他部署で起こった事故の共有と自部署での同様事故の予防策を協議する。
  • 他院・他施設で起こった事故の共有と自部署での同様事故の予防策を協議する。
  • その他 <日常的な気づきをインシデントレポート(他部署での活用)>につなげる等
 
 【方法】各部署で、毎週定期的に曜日と時間を決め、その日の勤務者が集って行う。
  • 司会は、年度初めの医療安全目標で各部署が定める。
  • 記録者は、年度初めの医療安全目標で各部署が定める。
  • カンファレンスに参加出来なかったスタッフへの内容を閲覧できるようにし、閲覧後のサインを求める。
  • 全スタッフからサインが入った医療安全カンファレンス用紙は、原本を自部署が保存し、コピーを翌月のリスクマネジメント部会で医療安全管理室に提出する。
                                        

医療安全ラウンド

 医療安全推進統括者・事務局長・看護部長・医療安全管理者が病院内の様々な部署をラウンドし、設備や業務の運用などをルールの周知や事故後の改善状況なども踏まえて調査・確認しています。
医療安全ラウンドの様子

広報

 他施設・他院の事故事例も「医療安全ニュース」「医療安全たより」として情報提供し、事故防止に努めています。
1
7
9
9
5
8
TOPへ戻る