薬剤部

薬剤部長あいさつ

市立敦賀病院の薬剤部のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
私たちは、地域の基幹病院の薬剤師として「患者さんの立場に立った安全かつ安心な薬物療法の支援」を使命に日々活動しています。
急性期から慢性期まで幅広い疾患、年齢層の患者さんが入院・通院されておられます。医薬品情報を活用し、副作用のリスク回避や、がん治療・栄養・緩和・感染管理などのチーム医療の一員として貢献できるよう努めています。
今後は活動の場を院内から院外へ広げ、地域から求められる役割を果たしていきたいと考えています。
 
薬剤部長 荒木 隆一

業務の紹介

調剤業務

調剤業務
調剤は処方内容が適切か、まず処方監査を行ってから始めます。内服薬は、高齢者でも飲み易いようにできるだけ一包化しています。PTP包装の取りそろえでは、タブレット端末を用いGS-1コードを利用した照合システムで調剤過誤防止に努めています。

注射業務

注射業務
当院では、患者さん一人ひとりに注射薬を取りそろえています。アンプルピッカーの導入により自動で患者さんごとに払い出しを行うことができ、薬剤師が最終チェックを行っています。

抗がん剤ミキシング業務

抗がん剤ミキシング業務
治療内容を把握し、抗がん剤の投与量や投与方法などをチェックして適正な治療が行えるようサポートしています。また、注射の抗がん剤は薬剤師が無菌調剤室にて、清潔かつ安全な環境の中で混合しています。

病棟業務

病棟業務
病棟では医師・看護師とともにカンファレンスを行い、入院中の患者さんの情報共有やディスカッションをしています。薬剤師は薬物療法が安全かつ有効に行われるよう、他のスタッフに対し情報提供を行っています。また、患者さんやそのご家族の方に対して安心して薬物治療を受けていただけるよう、薬の効用や用法、主な注意点などを説明いたします。

医薬品情報管理業務

医薬品情報管理業務
厚生労働省や各製薬会社から医薬品に関する最新情報を収集・整理・評価し、迅速に各医療スタッフや患者さんへ情報提供したり、問い合わせに応じたりする業務です。また、医薬品の採用・削除に関わり、薬事委員会の資料作成やマスタ管理も主な仕事の1つです。

SPDの導入

SPDの導入
急性期から慢性期までの患者さんの多種多様な要望に対応するため、2,000種類以上の薬剤を管理しています。より効率的な管理を目指すために入庫から在庫管理、病棟への薬剤の配布業務までを外部委託しています。

薬剤室アシスタントの導入

薬剤室アシスタントの導入
書類の整理、電話の取り次ぎ、会議資料の作成など、薬剤師をサポートしています。

学生の方へ

薬剤師からのメッセージ

若い時に臨床現場で働くことは、臨床の知識や問題解決能力・コミュニケーション力といった大きな力を身につけることにつながります。この経験は必ず大きく役立つと思います。
卒業後はぜひ一緒に当院で働きましょう。
薬剤師としての仕事を病院からスタートさせると、内服薬・外用薬だけでなく、注射薬を含めた治療全体の流れを学ぶことができます。
病院薬剤師として、広い視野と豊富な経験を持った薬剤師を目指しましょう。

修学資金制度

薬学部にて修学されている方を対象に修学資金の貸与を行っています。
詳細は、「修学資金制度」をご覧ください。

病院見学

病院見学
臨床現場で働くことに興味のあるあなた!
病院を見てみませんか?
随時、病院見学を受け付けています。
気軽にお問い合わせください。
 
 
≪お問い合わせ先≫
市立敦賀病院
〒914-8502 福井県敦賀市三島町1丁目6番60号
TEL:0770-22-3611
FAX:0770-22-6702
Mail:b-soumu@ton21.ne.jp
1
6
2
2
3
1