薬剤部

薬剤部について

薬剤部あいさつ

 薬剤師の職務は「薬剤の適正使用」と「医療安全」に尽きると考えます。
 「患者さんの立場に立った安全かつ安心な薬物治療の支援」を薬剤師の使命として、最新の医薬品情報に基づく医薬品の適正使用を推進しております。さらにチーム医療の一員として、また地域の基幹病院の薬剤部としての役割を発揮できるよう努めてまいります。

業務の紹介

調剤業務
 当院では、外来処方は医薬分業の理念に基づき院外処方せんを発行しています。平成24年4月より一般名処方も開始しております。院内では入院患者さん、一部外来患者さん(救急受診など)の調剤を行っています。
 当院では、電子カルテによる薬剤オータリングシステムが導入されております。医師がパソコン上で処方を入力すると、調剤室より処方せんが発行される仕組みになっています。同時に、自動薬袋作成システムや散剤監査システム、全自動錠剤分包機なども導入されており迅速かつ正確な調剤が可能となっています。
 ※注 外来では処方を受けられた方は、院外のかかりつけ薬局へ処方せんを提出して下さい。

注射調剤業務
 こちらも調剤室と同様、オーダリングシステムにより注射せんとラベルが同時に発行されます。内容に疑義がないか確認し、患者さんごとに取り揃えて各病棟などに払い出します。
 
化学療法への関わり
 当院で行われている抗がん剤の治療内容を把握し、投与量や投与方法などチェックして適正な治療が行えるよう安全面にも十分配慮しています。また、注射の抗がん剤は薬剤師が無菌調剤室にて清潔かつ安全な環境の中で混合しています。
病棟業務およびチーム医療への関わり
 病棟薬剤指導では、患者さんやそのご家族の方が安心して薬物治療を受けられるようベッドサイドにお伺いし、薬の効用や用法、主な注意点などを説明いたします。他院からの処方などとの重複や相互作用等にも留意し、安全な薬物治療を支援します。そういった全体的な医療の質向上に向けて、将来的に病棟常駐を考えています。これにより、薬の効用を最大限に発揮する工夫や副作用の早期発見など、現場でより適正な薬物治療のサポートができると考えます。
 また医師、看護師、薬剤師、その他コメディカルら関わる全ての職種で良好なコミュニケーションをとり、各職種がその役割を理解し、安心・安全な患者の治療をサポートするチーム医療に力を入れています。チームとしてはNST、感染制御、緩和ケア、糖尿病で活動しています。それ以外にも投与に注意が必要な薬剤、新しく採用となるもの、いわゆるハイリスク薬などの投与に関しては、関連部署に情報提供するなど積極的にアプローチを心がけています。
医薬品情報管理
 厚生労働省や各製薬会社から医薬品に関する最新情報を収集、整理、評価し、迅速に医療スタッフや患者へ情報提供したり、問合せに応じたりする業務です。また、医薬品の採用・削除に関わり、薬事委員会の資料作成やマスタ管理も主な仕事の1つです。

薬品と供給と管理
 院内で使用される医薬品の購入と供給・在庫管理をコンピューター等を使い管理しています。また、各種管理薬剤(麻薬、毒薬、向精神薬、血液製剤など)の管理も行っています。院内の薬剤が過不足なく安定供給できるよう努めています。

薬学部実習指
 当院では薬系大学からの受託実習生の教育にあたっています。これは未来の薬剤師を育てるための責務と考え、現場での調剤、病棟活動等に直接参加し、薬剤師としての職務を認識するという事に重きを置いています。
0
6
2
2
4
6