本文へ移動

栄養管理室

栄養管理室

給食管理部門は、給食専門業者による全面委託を実施しています。「安全・安心で美味しい食事の提供」を目標とし、患者さんお一人ずつの病態に合わせたお食事の提供を行っています。
 
栄養管理部門では、患者さんの栄養状態を把握し退院までの栄養管理計画書を作成し実施しています。治療効果が最大限発揮され早期改善の一助となるようお手伝いします。
 

1.病院食について

当院は入院時食事療養(Ⅰ)の施設基準を満たす旨、近畿厚生局に届け出を行っており、
管理栄養士によって管理された食事を適時(朝食:午前7時30分、昼食:正午、夕食:午後6時)に適温で提供しています。

食事の種類

食事は一般食と治療食に分けられており、患者さんの病態に応じた食事の提供をしています。
 
一般食
常食、産後食、軟飯食、全粥食、7分粥食、5分粥食、3分粥食、幼児食、ぬくもり食、
嚥下食、流動食
治療食
糖尿病食、妊娠高血圧食、腎臓食、糖尿病性腎症食、膵臓食、肝臓食、心臓食、高血圧食、
胃術後食、消化管術後食、潰瘍食、貧血食、脂質異常症食、下痢食、低残渣食、痛風食
 
化学療法などによる食欲不振で、通常の病院食が食べられない患者さん向けに「ぬくもり食」、嚥下機能に不安のある患者さん向けに「嚥下食」の提供をしています。

選択食

「朝食」パン食またはごはん食(一部治療食を除く)
「昼食・夕食」平日は2種類のメニューの中からお食事を用意させていただきます。

祝い膳

出産された方に祝い膳を提供しています。
和食・洋食の2つの中からお好きなものを選んでいただけます。
           和食
            洋食

行事食

四季折々の行事に合わせた行事食を提供しています。
その他にも弁当盛りの実施、常食・産後食の方には月1回「味めぐり」と題して、47都道府県の郷土料理を提供する
取り組みも行っています。
お正月
 弁当盛り(桜ちらし弁当)

衛生管理

当院は福井県食品衛生自主管理プログラム(福井県版HACCP)認証施設です。
HACCP方式の衛生管理を導入し、温度・時間管理および記録の徹底、衛生管理方式の検証と改善、
インシデント報告の徹底と防止対策の医療安全カンファレンスを定期的に行ってます。
 
また、当院独自の取り組みとして、栄養管理委員会・感染対策チームによる厨房の巡回を毎月実施しています。

2.栄養指導・食事相談

医師の指示に基づき、患者さんの病態に応じた栄養指導を行っています。

・個人栄養指導(入院・外来)
区分 時間 場所
月・火・木曜日 9:00~10:30 栄養指導室
月~金曜日 10:30~12:00
13:30~15:00
また、平成27年12月より糖尿病外来での栄養指導、平成30年4月より心臓リハビリでの栄養指導も実施しています。

・集団栄養指導(糖尿病)
 入院の方を対象に糖尿病教室を毎週水曜日15時から栄養指導室にて行っております。
 
病棟訪問
 入院患者さんの病態に合わせた栄養管理を行うため、食事内容に問題がないか病室へ伺い確認をしています。
 必要に応じて栄養指導を実施しています。

・バースナビ
 毎月第1土曜日に妊娠初期の妊婦さんを対象にした妊娠中の食事についてお話をさせていただいています。

3.チーム医療

チーム医療の一員として、院内の様々なチームや委員会活動に参加しています。
・栄養サポートチーム
・心臓リハビリチーム
・緩和ケアチーム
・褥瘡サポート部会
・感染対策委員会
・糖尿病診療委員会  など
1
7
9
9
6
8
TOPへ戻る