臨床工学技術室

臨床工学技士(ME)とは

 臨床工学技師は、ME(Medical Engineer)と呼ばれ「厚生労働大臣の免許を受けて、臨床工学技師の名称を用いて、医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行うことを業とする者」と法的に定義されている国家資格取得者です。
 「生命維持装置」とは、人の呼吸、循環又は代謝の一部を代替し、又は補助することが目的とされている装置をいいます。医療機器の進歩に伴い、医学的・工学的な知識を持つ専門職が必要となったために作られた医療職です。現在技師7名・事務1名で勤務しています。

臨床工学技術室の業務

・臨床工学技術室業務
 医療器械管理用システムを導入し、医療機器の中央管理を実施しています。
 中央管理とは、院内にある様々なME機器の集中的な管理を行う仕事です。主に、人工呼吸器・輸液ポンプ及びシリングポンプなどの機器に関して中央管理を実施、また病棟や外来へ貸出し・返却されたME機器の保守点検を行っています。その他医療機器の記録を機器カルテとして管理を行っています。
 

・血液浄化業務
 血液透析(HD)を主に血液透析濾過(HDF)、二重濾過血漿交換(DFPP)、血漿吸着(PA)、血漿交換(PE)、腹水濾過濃縮再静注法(CART)、顆粒球単球吸着療法(GMA)、持続的血液透析(CHD)、持続的血液透析濾過(CHDF)やエンドトキシン吸着療法(PMX)などを行っています。
 

・手術室業務
 整形・血管外科の手術に使用する自己血回収装置の操作を行っています。
 
・その他
 HCUでは上記血液浄化業務及び経皮的心肺補助(PCPS)の操作・管理も行っています。
 また、高気圧酸素療法の機器の操作・管理を行っています。
 
0
7
5
3
5
0