本文へ移動

外科

外科

外科紹介

《概要》 
外科のスタッフは総勢7名からなり、専門分野別に胸部・乳腺・内分泌外科(横井、矢尾、市橋)、消化器外科(林、永野、上藤、浅井)、血管外科(木村(非常勤医師))が中心となり、互いに協力して診療を行っており、各分野ごとに経験豊富な専門医が揃っています。
平成30年のNCD手術件数は468件で、最近は年間500件前後で推移しています。傷が小さく、体の負担が軽減される、腹腔鏡や胸腔鏡による手術も積極的に行っており、胆石、胃癌、大腸癌、虫垂炎、肺癌、気胸、縦隔腫瘍などに対して、年間200件近くの鏡視下手術を行っております。また、緊急手術が多いことも特徴で、年間100件近くの緊急手術を行っており、重度の多発外傷では各専門分野を超えた協力体制で対応しているほか、腹膜炎による敗血症性ショック、多臓器不全など、手術のみならず血液浄化療法を併用した集中管理を要する症例も数多く手がけております。

診療は,診療ガイドラインを遵守した治療方針を原則としており、確実性の高い医療をモットーにしています。また、患者さんに十分納得して当院で治療を受けていただくために、セカンドオピニオンを積極的に推進しています。
 
《治療対象としている代表的な疾患》
〈乳腺・内分泌外科〉
乳癌、乳腺良性腫瘍、甲状腺癌、甲状腺良性腫瘍、副甲状腺疾患 など
 
〈消化器外科〉
食道癌、胃癌、胃・十二指腸潰瘍、大腸癌(結腸癌、直腸癌)、GIST、虫垂炎、消化管穿孔、腹膜炎、腸閉塞、痔核、痔瘻、肛門周囲膿瘍、肝臓癌、胆管癌、膵臓癌、胆嚢・総胆管結石症、胆嚢炎、鼠径・大腿・閉鎖孔、腹壁などの腹部領域ヘルニア など
 
〈血管外科〉
閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤、慢性腎不全に対する内シャント作製 など
 
《得意とする診療技術》
〈胸部・乳腺・内分泌外科〉
胸腔鏡(補助)下肺切除術、胸腔鏡(補助)下縦隔腫瘍摘出術、
VASTマーカーによらないスリガラス陰影の新たなマーキング法、筋皮弁による胸壁再建
 
〈消化器外科〉
腹腔鏡(補助)下胃切除術 腹腔鏡(補助)下小腸切除術、腹腔鏡(補助)下結腸切除術、腹腔鏡下虫垂切除術 腹腔鏡下胃・十二指腸潰瘍穿孔縫合術、腹腔鏡下胆嚢摘出術、神経温存胃切除術、幽門輪温存胃切除術、自律神経温存直腸切除術 肛門温存直腸癌手術、局所麻酔・TLA麻酔下ヘルニア手術 各種メッシュでのヘルニア手術、切除不能癌に対する胆道および上部消化管ステント留置術、難治性腹水に対する腹水濾過濃縮再静注法(CART)、NBIや拡大観察を用いた内視鏡診断、バーチャル注腸検査、 バーチャル消化管内視鏡、3D-CTを用いた消化管および肝胆膵術前シミュレーション
 
〈血管外科〉
慢性腎不全に対する内シャント作製術
閉塞性動脈硬化症や内シャント不全に対する血管内治療(カテーテル治療)
 
(注)治療手技の適応は、病状等を参考に判断をします。
乳癌累積生存率↑
結腸癌累積生存率↑
直腸癌累積生存率↑
胃癌累積生存率↑
結腸癌累積生存率↑
直腸癌累積生存率↑

外来担当医について

担当医のスケジュールはこちらからご覧ください。

医師紹介

診療部長(外科系)
林 泰生

林 泰生 (はやし やすお)

 

【専門分野】
消化器外科

【所属学会・資格】
・医学博士
・日本外科学会(外科専門医、指導医) 
・日本消化器外科学会(消化器外科指導医)
・日本消化器外科学会(消化器外科専門医)
・日本消化器外科学会(消化器がん外科治療認定医)
・日本がん治療認定医機構(がん治療認定医) 
・日本癌治療学会
・日本腹部救急医学会
・日本胃癌学会
・日本臨床外科学会(評議員)
・日本静脈経腸栄養学会
・日本ハイパーサーミア学会
・マンモグラフィー精度管理中央委員会認定読影医
・緩和ケア研修会修了

・緩和ケア指導者講習会修了

・TNT研修会修了

・がんリハビリテーション研修会修了

・摂食嚥下機能評価実習研修会修了(日本摂食嚥下リハビリテーション学会)
・日本DMAT隊員
・福井大学医学部臨床教授

【メッセージ】
 平成19年4月より外科に着任しました。 
消化器の診療、検査(透視、内視鏡)、手術を主に担当致しております。 最近は、在宅医療にもたずさわっています。一人でも多くの方が敦賀市内で治療が完結でき、満足して頂けることを目標に頑張りたいと思います。よろしくお願いします。
 敦賀に来て14年目になりました。これまでもたくさんの皆様とおつきあいさせて頂きました。手術を通じて幸せをお届けできればと考えています。市民の1人として敦賀病院を盛り立てていこうと思います。よろしくお願いします。

消化器外科部長
永野 秀樹

永野 秀樹 (ながの ひでき)

【専門分野】
消化器外科


【所属学会・資格】
・日本外科学会(外科専門医、指導医)
・日本消化器外科学会(専門医)
・日本消化器外科学会(指導医)
・日本消化器外科学会(消化器がん外科治療認定医)
・日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)
・日本癌治療学会
・日本胃癌学会
・日本臨床外科学会
・日本消化器内視鏡学会

【メッセージ】

これまで、癌研究会附属病院、丹後ふるさと病院、福井総合病院、福井勝山総合病院、敦賀医療センターなどを回り、この度敦賀病院に勤務させていただく機会を得ました。

上部消化管の手術を最も得意としますが、消化器外科一般の診療をさせていただきます。

これまでの経験を活かし、地域医療に貢献できればと考えております。

よろしくお願いいたします。

消化器外科部長
上藤 聖子

上藤 聖子 (うわふじ せいこ)

【専門分野】
消化器外科

【所属学会・資格】
・日本外科学会(外科専門医)
・日本消化器外科学会
・日本消化器内視鏡学会(消化器内視鏡専門医)
・日本消化器病学会(消化器病専門医)
・日本内視鏡外科学会
・マンモグラフィ検診精度管理中央委員会認定読影医

【メッセージ】
 一人でも多くの患者様のお役に立てるよう頑張りますので何卒よろしくお願い致します。

外科医長
浅井 いづみ

浅井 いづみ (あさい いづみ)
【専門分野】
消化器外科

【所属学会・資格】
・日本外科学会(外科専門医)
・日本消化器外科学会
・日本消化器内視鏡学会
・日本臨床外科学会
・日本癌治療学会
・日本胃癌学会
・日本外科系連合学会
・日本腹部救急医学会
・日本肝胆膵外科学会

【メッセージ】
初期臨床研修を当院で行い、この度、外科医師として再び赴任しました。
育てていただいた恩返しができるよう、誠心誠意、診療に努めてまいります。
外科医師
市橋 匠

市橋 匠 (いちはし たくみ)
 
【専門分野】
乳腺内分泌外科(甲状腺,副甲状腺外科)
 
【所属学会・資格】
・医学博士
・日本外科学会(外科専門医)
・マンモグラフィー精度管理中央委員会認定読影医
・日本乳癌学会(認定医)
・日本臨床外科学会
 
【メッセージ】
 
あきらめないで!初診時Ⅳ期乳癌と診断されたあなたへ
 この度 「生存率を劇的に高める 乳癌患者の非特異的免疫力改善法:初診時Ⅳ期乳癌でさえ6例が5年以上完全緩解持続中」という著書を医学教育研究所から税込み 2530円で発行して頂きました。都会の大きな医学書専門書店で閲覧購入可能と思いますが、もちろん楽天ブックスやAmazonからも購入可能です。要約は以下を参照下さい。医療関係者でなくても大部分が理解できるよう書いていますし、不明な点は著書の「はじめに」に記載のG mailで御質問いただければ1週間以内にお答えします。私が手術し著書を病院の売店で購入頂いた乳癌患者様からは好評を頂いています。決して患者さんを多く当院に呼び込もうとか有名になりたいという意図はありません。普通に著作権は出版社にあります。治療法の命名や組み合わせ等についてオリジナリティは主張しません。乳癌で死ぬ人を減らす良い方法を見つけたのでその知識を日本中いや世界中に広める義務があると感じて出版して頂いた次第です。出版社とは印税無しの契約で、多く売れても著者に利益は発生しません。初診時Ⅳ期の患者様には、Gmailで地域を指定頂ければ、沖縄、九州、中国四国、近畿中部、関東甲信越、東北、北海道で有名な私立やそれに近い経営形態の乳腺外科専門医(学会のガイドラインと余りに異なり1~2例試すだけでも医師に勇気が必要で、決断しやすいのではないかと推測して決めた経営形態、予算の関係でこちらで各地域で1ヵ所選ばせて頂き)に上記著書を1冊だけ無償で送付させて頂き、無視、内容の吟味のみ、初診時Ⅳ期例での実践いずれも自由としましたので、実践し良い印象が得られたとの連絡があれば患者様の居住地に一番近い医療機関を選んでGmailでお答え致します。上記以外の医療機関から実践し良い印象が得られたとの連絡がGmail等であればもちろん初診時Ⅳ期の患者様へのGmailでの返事に反映させて頂きます。
 
当院の乳癌術後生存率は他院より驚くほど良い
 院内の独立部門である病歴室が2019年3月に行った乳癌術後の予後調査では2000~2017年の切除例の10年生存率は0期100%(100%)、Ⅰ期100%(94%)、Ⅱ期98%(86%)、Ⅲ期82%(54%)― ( )内は同時期の長崎県で乳癌切除最多を誇る長崎医療センターの2000~2015年の成績:同病院ホームページより―で他院と比べて極めて優秀です(他の主要病院のホームページとの比較でも同様)。2015年に乳癌学会中部地方会で発表した「臨床病期Ⅳ期の乳癌で5年以上CR(臨床的に癌が消失という意味)が持続している4例」の抄録の中でも述べていますが、2008〜2009年の当科初診時Ⅳ期乳癌症例はこれら4例のみで、また発表時に国内報告を探しても初診時Ⅳ期で5年以上CR 持続は2例のみで、当院の成績はⅣ期例でも極めて優秀でした。当院のその4例は現在もCRで10年以上経過し、ホルモン療法は継続し抗癌剤は減量や中止しています。当院の4例と他施設の2例の共通点はホルモン療法剤抗癌剤同時併用投与でした。ホルトバジーらが1998年に発表したⅣ期乳癌に対する治療指針で、抗癌剤とホルモン療法剤の同時併用投与は予後を改善せず副作用が増えるので避けるべしとした原則に反します。上記4例より新しい2019年8月までに経験した初診時Ⅳ期乳癌でCR持続中の症例8例を加えると12例が現在も半年以上CR持続中で2008年から2019年8月までに経験した初診時Ⅳ期例18例の実に2/3を占めるという驚異的な好成績です。著書では初めの方の症例については患者様から許可を頂きCT画像も含め詳述しています。さらに注目すべきは5年以上CRが持続中の症例の中にトリプルネガティブ例(ホルモン療法もハーセプチンも無効で一般的に予後不良)の2例(執筆が2020年6月でその時点では1例でしたが、それから4ヵ月経過で著書の表の中の1例が5年以上に昇格、著書名は「初診時Ⅳ期乳癌でさえ6例が5年以上完全緩解持続中」となっていますが現在は7例が5年以上完全緩解持続中です。
 
術後生存率が優れているのは免疫力が決め手
 多くの病院はⅠ~Ⅲ期でも抗癌剤とホルモン療法剤の同時併用投与は避けており、その根拠とされているのは閉経後Ⅱ期で抗癌剤とホルモン療法剤の1種タモキシフェンの順次投与と同時投与の比較で無再発生存率で前者が勝ったという2002年の欧米の論文です。閉経後のホルモン療法剤としてより強力なアロマターゼ阻害剤が、抗癌剤も強力なタキサン系が主体をなす現在の乳癌診療には当てはまりません(Ⅳ期乳癌のホルトバジーの治療指針も同様に古い薬剤の使用下で出された結論)。当方は乳癌の6−7割を占めるホルモン受容体陽性例では原則抗癌剤とホルモン療法剤は同時併用投与します。当方は免疫能の低下(担癌患者自身免疫力で癌と戦っています)や他の副作用の軽減も兼ね抗癌剤の1回量を少な目としその分投与期間を長め(例えばⅠ期1年、Ⅱ期2年、Ⅲ期3年)にしたり、一般的に初回治療として勧められる多剤併用抗癌剤の中のシクロホスファミドが免疫抑制目的のみでも使用されるくらい免疫抑制が強く使わず、分子標的治療剤(新規ではパージェタまで)も保険適応があれば極力併用します。若くて健康な人でも1日3000~5000個もの癌細胞が発生しておりそれらを見つけて破壊するのがNK(Natural Killer)活性です。NK活性を高める作用を有する笑いや適度な運動、非特異的免疫力改善を主目的に補中益気湯とシメチジンの内服も勧めます。初診時Ⅳ期乳癌で5年以上CR持続中の7例中5例は両方を、2例はシメチジンのみ現在も投与中です。5年以上CR持続中のトリプルネガティブの1例は両方を、他の1例はシメチジンのみを現在も投与中です。新規乳癌の発症や再発防止に肥満の改善や大豆製品を毎食食べる事も有効とされておりいずれも患者に強く勧めています。
 
<トリプルネガティブの救世主にもなる?>
 トリプルネガティブに対する薬剤投与法については著書で詳述しています。他のタイプと同じ種類、量、投与期間で注射剤による化学療法+それが終了後に内服の抗癌剤であるUFTの少量内服(両者を合わせて5年間、もちろん補中益気湯やシメチジンも極力併用)を行った2008年から2019年8月までのⅠ~Ⅲ期のトリプルネガティブ乳癌26例(Ⅰ期12例,Ⅱ期13例,Ⅲ期1例)中再発はⅡ期の1例のみで(術後3年目に多発肺転移を認め複数回の化学療法の変更で改善と増悪を繰り返し術後6年半の現在も自覚症状はなく全身状態は良好。補中益気湯とシメチジンは最初から継続中でこれが重要)、例えば大阪警察病院のホームページではトリプルネガティブの5年無再発率73%(当院は95.8%)、5年生存率83%(当院は100%)となっていて、当院の予後は極めて良いと言えます。冒頭の乳癌累積生存率の2番目のグラフを参照下さい。
 
<HER2陽性乳癌の未来>
 2019年の臨床外科学会雑誌で聖路加国際病院から、HER2 陽性転移再発乳癌に対し化学療法とペルツズマブ,トラスツズマブ併用療法(PER+HER併用療法)を行った時の完全緩解例がまとめて発表されました。初診時Ⅳ期に限ると36例中8例(22.2%)が発表時点でもCRを維持しており、そのCR持続期間の最長は2年9ヵ月でした。当院の初診時Ⅳ期のHER2陽性例4例中4例とも現在もCR持続中(内3例は補中益気湯とシメチジンは継続中)で最長は5年11ヵ月であるのと比べまだ不良です。
 HER2陽性例の中のホルモン受容体陰性例(別名;HER2タイプとも表現されHER2陽性群の中でもさらに予後不良とされてきた)に限っても、当方では再発後の化学療法+PER+HER併用療法で1年以上CRを維持できている1症例(副作用で補中益気湯とシメチジンは継続使用できず)と、先の著書の初診時Ⅳ期例で初診時の肝転移は化学療法+PER+HER併用療法でCRとなり、その後出現の複数の脳転移はγナイフと抗HER2薬であるカドサイラで現在半年間CRが維持されており(著書内では執筆時脳転移巣のCRはまだ確証がなく担癌生存中群に入れてあり、補中益気湯のみ継続中)、乳癌手術を毎年900例以上(当院の何十倍も多い)されている聖路加国際病院の先の論文中のHER2タイプでCR維持中群は、再発例でCR維持期間が9ヵ月と初診時Ⅳ期例でCR維持期間が8ヵ月の各1例のみとされているのと比べて遜色なしです。
 最近では抗HER2抗体-薬物複合体製剤であるトラスツズマブ デルクステカン(T-DXd、DS-8201)が優れた抗腫瘍効果を示すことが国際的フェーズ2試験で明らかになり、またHER2を選択的に阻害する低分子化合物tucatinibは脳転移例を含めた治療歴のあるHER2陽性乳癌に対して有効という具合で、抗HER2薬に関しての新薬申請が続いており期待しています。
 
 

専門医制度と連携したデータベース事業について

外科を受診される患者さんへ
 
外科では、National Clinical Database(以下「NCD」という。)への症例登録を行っています。これは、患者さんに最善な医療を提供するための検討を行ったり、また日本全国の標準的治療成績と対比することで当院の特徴と課題を把握し、改善につなげたりすることを目的とするものです。実施に当たっては、患者さんの自由意思を最大限尊重いたしますので、ご協力をお願いいたします。
 
●本事業実施に当たっては、患者さんが本事業に参加されたくない場合にはデータ登録を拒否していただけます。当然のことですが、登録を拒否されたことで、診療等において患者さんが不利益を被ることが一切ございません。
 
●登録される内容は日常の診療で行われている検査や治療の契機となった診断、手術等の各種治療やその方法等となります。これらの情報自体は患者さん個人を容易に特定することができないものですが、取扱い等にあたっては、関連法令等を遵守し、厳重に管理されます。
 
●登録された情報については、治療成績向上及び健康の向上に役立てるために、NCDより集計・分析した情報が参加医療機関等へフィードバックされます。統計処理された情報ですので患者さん個人が特定されることはございません。

患者さんへ

(2010-12-28 ・ 171KB)

5
2
4
9
5
7
TOPへ戻る