脳神経外科

脳神経外科

脳神経外科紹介

脳神経外科医3人体制で、緊急性がある場合は夜間・休日を問わず診療しています。 一般脳神経外科疾患(脳血管障害、頭部外傷、脳腫瘍など)、機能的疾患(三叉神経痛、顔面痙攣など)等脳神経外科疾患全般に対して、ガイドラインに準拠しながら、最新の診断・治療を行うように心掛けています。特に脳血管障害(脳卒中)の治療に際しては、従来の手術治療法(開頭手術)に加えて、切らずに治せる脳血管内手術(カテーテルによる手術)を積極的に行っています。
脳血管内手術は、主に鼠徑部(大腿部の付け根付近)から直径1 mm に満たない超極細の管(マイクロカテーテル)をX線透視下に頭蓋内の血管に誘導し、この管を介して開頭することなくさまざまな治療を行う、低侵襲(体への負担が少ない)で新しい治療法です。特に、全身合併症(心疾患、呼吸器疾患、腎疾患など)、高齢者、その他開頭手術困難な要因を持つ方には適しています。また、脳卒中全体の約3分の2を占める脳梗塞に対し、超急性期治療として、t-PA静注療法(血栓溶解療法)やカテーテルによる血栓除去・再開通療法を行っています。これは、一刻を争う緊急治療となりますので、症状出現後できるだけ早く当院に到着することが必要となります。その他、脳動静脈奇形や脳腫瘍に対しては、放射線科医と協力し、低侵襲である定位放射線治療も行っています。

脳血管内手術の様子

くも膜下出血を起こした破裂脳動脈瘤は脳血管内手術(瘤内コイル塞栓術)により消失。
くも膜下出血を起こした破裂脳動脈瘤は脳血管内手術(瘤内コイル塞栓術)により消失。
脳梗塞を起こした頸部内頚動脈狭窄症は脳血管内手術(頚動脈ステント留置術)により十分な拡張が得られ、脳血流が改善。
脳梗塞を起こした頸部内頚動脈狭窄症は脳血管内手術(頚動脈ステント留置術)により十分な拡張が得られ、脳血流が改善。

外来担当医について

担当医のスケジュールはこちらからご覧ください。

医師紹介

脳神経外科部長 新井 良和
脳神経外科部長
新井 良和
新井 良和 (あらい よしかず)

【専門分野】
・脳神経外科一般(脳血管障害、頭部外傷、脳腫瘍など)
・脳卒中治療、脳血管内治療

【所属学会・資格】
・福井大学医学部臨床教授
・日本脳神経外科学会(専門医)
・日本脳卒中学会(専門医)
・日本脳神経血管内治療学会(専門医・指導医)
・日本医師会認定産業医
・日本体育協会公認スポーツドクター
・日本脳神経外科コングレス
・日本脳卒中の外科学会
・スパズム・シンポジウム
・日本脳ドック学会
・日本リハビリテーション医学会

【メッセージ】
 地域に密着したわかりやすく温もりのある連携治療と、脳卒中の最先端・最前線治療を目指して精一杯頑張らせて頂きます。
脳神経外科医長
細田 哲也


細田 哲也 (ほそだ てつや)

【専門分野】
脳血管障害

【所属学会・資格】
・日本脳神経外科学会(専門医)
・日本脳卒中学会
・日本脳神経血管内治療学会
・日本脳神経超音波学会
・日本脳卒中の外科学会

【メッセージ>】
 様々な治療が進歩している現在でも、脳卒中は「寝たきり」原因の第一位です。何よりも予防が大切ですが、
発症したらすぐに対応することも大切です。特に脳梗塞は発症から早ければ早いほど治療の方法が多く、
少しでも元気に帰れる可能性が高くなります。
一人でも多くの方を「寝たきり」から救うべく考えながら治療にあたります。
脳神経外科医師川尻 智士
 

川尻 智士 (かわじり さとし)

【専門分野】
脳神経外科

【所属学会・資格】
・日本脳神経外科学会
・日本脳卒中学会

【メッセージ】
本年4月より、当院で勤務させていただくことになりました。
地域の皆様のお役に立てるよう尽力して参ります。宜しくお願い致します。 
0
4
6
9
6
1