本文へ移動

当院の「がん診療」と「がん支援」

当院の「がん診療」と「がん支援」に関して

当院は医療圏内のがん患者さんと御家族の方、医療機関等に対して以下の内容を中心に診療・支援・連携する体制と構築しています。

1.役割
二州地域において高水準のがん診療を提供するとともに地域や他医療機関との連携を密に行うことで、質の高いがん診療・支援が行える地域になるようにします。

2.診療
医師を中心にがん治療を専門とする医療従事者がチームを組みカンファレンスを定期的に開催することで情報共有を行った上で手術、放射線治療、化学療法等を組み合わせた集学的治療、リハビリテーション及び緩和ケアを高水準で提供します。
詳細は「診療科のご案内」よりご確認下さい。

3.緩和ケア
がん診療に携わる医療従事者間で情報共有を行い、患者や家族の身体的・精神心理的苦痛の緩和のみならず社会的な問題等への適切な対応を継続的に行います。

4.研修
がんに関わる医療従事者への研修を地域全体で行うことにより、高水準の診療・支援を継続的に行えるようにします。

5.相談・支援
がん相談支援センターを中心に地域に住む患者及び家族へがん診療、生活支援、就労支援など多岐に渡る相談を受け、サポートを行う。また他医療機関やがん患者団体等との連携も積極的に行います。

6.がんサロンに関して
患者さんとご家族の方が、安心して治療を受けながら自分らしく生きる環境づくりに寄与すると共に、がん予防やがん治療についての社会的理解と啓発を目指した活動に取り組みます。

7.情報提供・普及啓発
「院内がん登録の実施に係る指針」に即して院内がん登録を実施しており、部位別件数、性別、がんのステージ、治療方法等の情報を公開しています。
詳細は「院内がん登録」よりご確認下さい。
がん治療に関わる専門職が地域を対象に緩和ケアやがん教育、患者向け・一般向けのガイドライン活用法などに関する普及活動を行っています。

8.セカンドオピニオン
がん治療にあたり診断・検査・治療方針などに迷っている場合、他の治療法の有無など当院で対応可能ながん治療について医師の意見を聞くことができ、納得した上で治療を受けることができるようにする。

9.治験に関して
参加中の治験がある場合、その対象であるがんの種類及び薬剤名を公表している。
詳細は「がん治験」よりご確認下さい。
8
1
2
2
1
7
TOPへ戻る