本文へ移動

看護部長あいさつ・看護部理念

看護部長あいさつ

 市立敦賀病院は、嶺南地域の中核病院として急性期医療と地域医療を担う役割があります。令和2年度からの新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、発熱トリアージ、発熱外来の開設、新型コロナワクチン接種の対応、検査対応など、新たな看護業務が追加となりました。このような状況であっても、看護部の理念である「地域の信頼に応えられる病院づくり、人材の育成、地域住民のニーズに応じたぬくもりのある安心・安全・安楽な看護を提供する」ために、看護職員一丸となり看護の質の向上を目指しています。

 また、今年度は、「働き方改革」にも重点を置き、看護職員が働きたいと思える病院づくりに向けて、職員一人一人が安心して看護業務を行えるための環境も整備していきたいと考えています。コロナ禍で人と人とのコミュニケーションが希薄になっている世の中ですが、看護体制(パートナーシップナーシングシステム)を強化し、ペアやチーム間のコミュニケーションを高め、一人一人が主体性をもって専門的知識・技術を発揮できるような人材を育成していきたいと考えています。

 心にゆとりを持ちワークライフバランスを充実させながら、「信頼されぬくもりのある看護を提供」するために、看護職員が活き活きと働くことができる職場づくりに取り組んでいきたいと思います。
 
看護部長 小堀 和美 

看護部理念

 地域の信頼に応えられる病院づくり、人材の育成、地域住民のニーズに応じたぬくもりのある、安心・安全・安楽な看護を提供します。
 
基本方針
 病院と看護部の理念に基づき、一人ひとりが専門職業人としての責任と役割を自覚し看護水準の向上に寄与する。同時に地域の人々が、安心して利用できる病院づくりに貢献することを基本方針とする。

看護部 長期目標
  1. 地域の皆様に、安心・安全な看護を提供します
  2. 活き活きと働きつづけられる職場をめざします
  3. 多職種と連携・協働し、看護の力を最大限に発揮します

看護部長、看護部次長

看護部長 感染管理認定看護師
小堀和美
看護部次長 
八木佳子
6
0
0
3
1
7
TOPへ戻る